新年のご挨拶(2017年1月5日配信)

■■■   新年のご挨拶   ■■■

 新年明けましておめでとうございます。お健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
 昨年、政府は「第4次産業革命」と「SOCIETY5.0」という新しい時代の概念を発表しました。第4次産業革命は、蒸気機関、電力エネルギー、コンピューターに次ぐ4度目の、高度なICTによる産業革命との考え方です。そしてSOCIETY5.0は、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く5番目の、インターネット空間と現実空間を高度に融合させた社会という考え方です。IoTや人工知能、ロボット、大容量高速通信などの融合により課題解決を図るもので、今後の社会の方向性を指し示したものです。
 社会における大きな変化が予想される中、混乱を避け、より良い生活につながるよう国政でしっかり対処してまいります。しかし同時に皆さんにも、それぞれの立場でアンテナを高くして、対応していただくことも必要だと思います。
 さて、トランプ氏の大統領就任が世界の耳目を集めています。公約がそのままに実行されれば、従来のアメリカの姿勢と大きく異なるだけに混乱が予想されるからです。冷静かつ適切な対応が必要です。また、アメリカの選挙は英国のEU離脱などにも通底する、世界が抱える課題を浮き彫りにしました。格差問題や移民問題などで安定した生活が営めないという現状への不満と将来への不安です。
 これらの動きを受け、社会・経済システムの見直しが世界的に議論されつつあります。日本としてもしっかり受け止め、若者が結婚し子どもを産み育てていける生活の実現など、国民の安全で安定した生活を実現していかねばなりません。
 将来への希望と不安が交錯する時代ですが、国民の幸せにつながるよう精一杯頑張ってまいります。
 皆様の今年のお幸せを心から祈念申し上げ新年のご挨拶といたします。