高校生からの質問

高校生からの質問

ある高校の授業で出た質問に石田が回答(一部抜粋)

和歌山が発展するにはどうすれば?

たとえば農業が盛んなら農機具や資材、運送などの仕事が生まれ、それに従事する人々を支える商業やサービス業が成立します。これが地域経済の流れで、地場産業や農林水産業、観光業など地域の基幹産業をしっかり育てることです。
さらに、世界を視野にした輸出促進や、地理的制約をなくすネット販売を活用することです。

原子力発電は必要?

社会生活、企業活動が維持でき温暖化にも対応した安定的なエネルギーの組み合わせを、専門家が科学的に検証・検討しています。
原発の再稼働もその一環で、第三者機関の原子力規制委員会が判断し、安全でないものは再稼働しません。

IRは和歌山に必要?

和歌山を活性化させる一つの方策で、観光資源としても期待され、雇用とともに関連分野への経済波及が見込まれます。
依存症対策は、入場制限などとともに世界各地のカジノでの対処法を参考にします。

日本の借金は大丈夫?

A.GDPの2倍近い負債は異常で、まずはプライマリーバランスの黒字化を目指すべきです。また、失われた20年で欧米諸国と日本の間にインフレ率の大きな乖離が生まれ、「安いニッポン」の一因となりました。これをどのように埋め、再建していくかは喫緊の課題です。

若者が政治に参加するには?

国民主権の行使とは、選挙を通じで議員を選び、議員を通じて政治を進めることです。投票しないことは主権の放棄につながります。まずはその重要性を認識することです。また若者の意見も選挙や集会などに関わることで政治家に届きます。

日本が戦争することはあるの?

憲法上、日本から戦争することははく、自衛隊や日米同盟など抑止力としての備えをしています。
同時に、民主主義や基本的人権など価値観を共有する各国と連携して、安全保障政策と経済政策の両立を目指しています。