新年のご挨拶(2013年1月7日配信)

■■■    新年のご挨拶    ■■■

 新年明けましておめでとうございます。お健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。

 年末の総選挙では、自民党に予想以上の議席をいただきました。今日までの混沌とした政治を断ち切り、安定した政権による安定した政治を実現し、日本が抱えるさまざまな問題を解決してもらいたいという、皆さんの思いを真摯に受け止めています。
 ただ、今回の結果は民主党に「NO」を突きつけただけで、自民党に全幅の信頼を寄せていただいたわけでなく、もう一度チャンスを与えていただいたに過ぎません。3年前の自民党に戻るようでは、皆さんの期待を裏切ることとなり、政治が漂流してしまいます。それだけに、地に足のついた「安定した政治」を行い、課題を解決して皆さんの期待に沿えるよう精一杯がんばって参ります。
 また、私も国会議員の一つの節目である十年を勤め、五期目に入らせていただくこととなりました。政治の世界でよく言われる「三期十年」を年数でも超え、次の段階に踏み出していることを痛感しております。衆議院でも法務委員長の重責を担うことになり、一議員としてもしっかり期待に応えて参りたく存じます。
 さて、従来より申し上げているように、明治維新、第二次大戦期をみても混乱期は概ね四半世紀を要し、冷戦崩壊から四半世紀を経た現在、日本はいよいよ新たな時代の入り口に立ちつつあります。グローバルな目線で、ITなど新技術を活用し、少子高齢化や新たな生活のスタイルを作り上げ、世界に先駆けて課題を解決し、新たな成長を次世代につなげていかなければなりません。
 新しい時代の発想に基づいた取り組みを積極的に支援し、郷土、和歌山の発展にも寄与できるよう一層努める所存です。
 今年一年の皆様のご健勝、ご多幸を祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。


*石田真敏ブログ
http://blog.livedoor.jp/ishida_masatoshi_net/

衆議院議員



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
発行:石田真敏東京事務所
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館313号室
TEL 03-3508-7072 / FAX 03-3581-6992
isd-admn@lapis.plala.or.jp